【美容室 経営者向け】地域ナンバー1のサロンになれた理由・若手コンサル君が提案してきた1つの素朴な手段とは!?

配信 by 株式会社グリーティングワークス

 

今や美容室の件数はコンビニの5万件よりはるかに多い、約23万件と言われています。
ライバル店との競争が激しくて、キラキラしてみえた独立も現実はとても大変…。

そんなお悩みをお持ちの方に向けて、今回は、

ある手段を用いて、地域売上ナンバーワンの美容室になったサロン経営者の方にお話を聞きました。

 

〜命綱である集客について〜
きっかけは、ある経営コンサルタントとの出会い

「売上が上がったきっかけは何だったのでしょうか?」

今もお世話になっている、コンサルタントとの出会いでした。

出会ったのは、プチ繁忙期でもある夏休みが終わる直前の忙しい時期でしたが、
知人からの頼みでもあったので午前中に少しだけ時間を作りました。

ウチみたいな“近所の美容室”的な存在のサロンにとっての集客は命綱ですしね。
一応聞いてみることに。

『必ず売上をあげる』と自信たっぷりだった彼は20代のフレッシュなコンサルタント。
フレッシュといえば聞こえは良いですが『所詮見習いでしょ?』って
最初は思いましたね。

話し半分で聞き流してました(笑)。

 

〜平凡な街のサロンから地域ナンバー1のお店に〜
サロンの課題は、新規獲得とリピート獲得だった

「もともと、どんな課題を感じておられたのでしょう?」

たくさんあるのですが、主に2つあります。

競合店が多い。他店との優位性を打ち出しにくい(新規獲得の難しさ)。

②独立して1年未満の方なら共感していただけると思うのですが、オープン時には「味見」で初回来店はしていただける。2回目の来店(リピート)が大きな課題です。

若手コンサル君は、この課題(新規獲得とリピート獲得)を解決するために
ひとつの施策を提案してきたのです。

〜若手コンサル君のシンプルな提案〜
その集客方法とは、なんと年賀状だった

「コンサルタントから具体的にどのような提案があったのでしょうか?」

驚きました。
年賀状を出せと言うのです。

この商圏では年賀状が効果的だと言うのです。

少し新鮮だった(知らなかった)のは、新規獲得施策としてのタウン年賀状という
年賀状の存在でした。住所を知らなくても出せるです。

だとしても『今どき年賀状?』っていうのが最初の印象です。

それでも若手コンサル君は何故か自信満々に続けるのです。
『今どき感だけでなく理論的にもお勧めする理由があるんです』とさ。

年賀状が私のサロンの課題を解決する集客手段に

「普通の年賀状とはなにか違ったのですか?」

若手コンサル君が提案してきたのは、タウン年賀状デザイン年賀状というものでした。

集客手段:その① 新規獲得 タウン年賀状

「タウン年賀状とは、具体的にはどんな集客手段でしたか?」

タウン年賀状というのは、個別の住所は必要なくだせる年賀状のことです。

郵便局から建物指定で各戸へ年賀状として配達することができます。
『○○町1丁目の○○レジデンスと△△町2丁目のグランビア△△にお願いします』
というように、建物を指定して年賀状を出すことができます。

普通のDMとの違いは、

 個別の住所が分からなくても個人宅に届けることができる
 ポスティングお断りのマンションでも郵便局員が配達してくれる
 お年玉つき年賀状として配達されるため元日と当選発表の日、
    2回リーチすることができる
こと。


一般のDMとは違って元旦から1月中旬にかけて2回リーチすることができます。

事前に郵便局で、配布エリアの宛先確認を取っておけば
年賀はがきを使用することで利用できます。

昨今、インターネットで安くてクオリティが高い年賀状印刷の会社があり
宛名印刷が無料のところもあるので事前に宛名の登録しておけば、
次回から時間を掛けずに利用できるので便利です。


集客手段:その② リピート施策 デザイン年賀状

「リピーター向けにはどのような年賀状をだしたのでしょうか?」

ひと言コメント付きのデザイン年賀状をだしました。

ネットで注文できるデザイン印刷の年賀状ってご存知ですか?

何となくは知っていたのですが、若手コンサル君に教えてもらい
意外なことが分かりました。

面倒な宛名の印刷まで全て値段に含まれている
色んな年齢層に使えるデザインが充実している
2営業日で届く
送料無料

加えて若手コンサル君は、リピート集客施策として重要なのは、
『デザインとコミュニケーションを重視・意識する』ということでした。
その結果、『クーポンはいらない、落ち着いた雰囲気のデザインで年賀状を出す』
でした。1枚1枚、ひと言コメントを入れていった効果もあり、
新年にお顔を出してくれる方が増えました。

 

新規でリーチした顧客には、しっかりリピート施策を回す 

「新規からリピートへの流れはどうやって作れたのでしょうか」

今では年賀状だけでなくて、暑中見舞いや季節の挨拶状などを定期的に
出しています。それがSNSでも簡素なDMでもないところが他店との競争優位
なっているといった感想です。

 

裏話〜サービス業での実績がすでに複数あった〜

「どうして成功したと思いますか?」

若手コンサル君、実は彼なかなかのやり手でしてね(笑)。
同じスキームで実績をたくさん持っていたんです。

私の店舗と近い条件にあてはまるサービス業(飲食、美容室、接骨院、歯科)では
100%に近い確率で成果を上げているみたいです。

①大規模商業エリア、ではない地域であること
②若年層ファミリーと熟年層が混在している地域であること
③世帯収入が少しだけ高い方が多い地域であること

あの暑い夏の日に出会った若手コンサル君が、今はたくましく見えます。
今も困ったときは相談にのってもらっています。

おすすめ“2018 戌年 年賀状印刷サイトはこちら
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://nenga.aisatsujo.jp/